出雲エリア

須我神社

新婚の喜びを詠った和歌が育む「幸縁」スポット

須我神社

スサノオノミコトとイナタヒメが日本で初めて結婚し「宮(新居)」を構え、仲睦まじく暮らしたところ。この地で新婚の喜びを詠った「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」は、最古の和歌と言われ、「和歌発祥」の地として知られています。