松江エリア

興雲閣

モダンな迎賓館が「こううん」をもたらす?「幸縁」スポット

興雲閣

松江城山公園内に天皇行幸時の御宿所として明治時代に建てられた興雲閣は別名、「幸運閣」とも呼ばれており、ここを訪れることで幸せが訪れると言われています。2015年秋に保存修理を終え、外観は建設当時の淡い緑色に。中にはカフェもあり、一般公開されています。