1. トップ
  2. 縁結びマップ
  3. 八上姫神社・八上姫像

八上姫神社・八上姫像

イメージ写真

大国主命(おおくにぬしのみこと)に助けられた因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)が予言したとおり、因幡の美しい女神、八上姫(やがみひめ)と大国主命は結ばれた。子神を授かりしばらくして、大国主命が出雲の国へお帰りになられたため、命を慕い、出雲へ向かう旅に出た八上姫だったが、お后があることを知り身を引く。「火の山の ふもとの湯こそ 恋しけれ 身をこがしても 妻とならめや」。和歌を詠み、その旅の疲れを癒された地が、「日本三美人の湯」のひとつ「湯の川温泉」。心身ともにお元気になられ、いっそう美に磨きをかけられたこの地には、姫を祀る社と像が建てられている。

http://www.city.izumo.shimane.jp/