出雲大社と出雲歴史満喫コース

1

スタート:出雲大社勢溜

出雲大社

 

現在60年に一度の式年遷宮の期間にあり、「平成の大遷図」として境内の御修造工事が執り行われています。既に御修造が完了した国宝の御本殿は、江戸中期(1744年)に造営、3度の遷宮を経て脈々と受け継がれてきたものです。葺き替えられた大屋根と造営当時の技法で蘇った千木の美しさが参拝者を魅了しています。
問い合せ:0853-53-3100

2

出雲大社境内へ参拝ルート

出雲大社参拝方法

  1. 四つの鳥居をくぐる
    神門通りから拝殿までの四つの鳥居をしっかりくぐり、心を整えましょう。
  2. 祓社で心身を清める
    参拝する前に祓社で心身の汚れを惑いましょう。
    ※祓社:下り参道の途中にあります。
  3. 手水舎で清める
    お清めの手順
    1. ひしゃくで左手を清めます。
    2. 右手を清めます。
    3. ひしゃくから左手に少し水を受けて口に含み、口をすすいで清めます。
    4. すすいだ左手をもう一度清めます。
    5. 残った水を、ひしゃくをたてて、柄の部分に流して、次の人へ清めて置きます。
  4. 拝殿でお参りをする「二拝四拍手一拝」
     
    1. 神前に立ち、賽銭をそっと丁寧に入れます。
    2. 「拝(礼)」を二回します。
    3. そして四拍手。
    4. 手を軽く合わせ、参拝できた感謝を伝えたうえでお願い事をします。
    5. 最後に「拝」を一回します。
3

御本殿・神楽殿

御社殿と諸建造物

十九社

 

旧暦十月の神在月(全国は神無月)に全国から八百万の神々が集まり、七日間の神議りの間、ここに宿泊されます。東西とも十九の扉があり、ご滞在中の期間は全ての扉が開かれます。

神楽殿

 

建物は昭和56年に造営されました。祭典、祈願、結婚式などが行われます。入口の上部にステンドグラスが入っていて額の後ろに見えます。

素鵞社

 

オオクニヌシノオオカミの父神スサノオノミコトが祀られています。「ヤマタノオロチ退治」で有名です。神楽の演目の1つとしても人々に親しまれています。

4

神門通り・ご縁横丁

 

出雲大社の御遷宮に合わせて、風情ある石畳に生まれ変わった神門通り。土産物屋・飲食店も表参道にふさわしいデザインに一新されています。装い新たに賑わう神門通り、勢溜前のご縁横丁をぜひ散策してみてください。

5

島根県立古代出雲歴史博物館

 

古代出雲大社の1/10の模型、荒神谷遺跡から出土した358本の銅剣(国宝)、唯一完本が残る『出雲国風土記』の資料を展示。見る人を魅了し、古代出雲の壮大な様子を窺うことができます。
休館日:毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)
問い合せ:0853-53-8600

6

ご縁ポスト

ハガキに願いを書いて送ろう!

7

ゴール:島根ワイナリー

販売はもちろん製造工程の見学・無料試飲なども楽しめる。しまね和牛やスイーツを堪能することもできます。
問い合せ:0853-53-5577