1. トップ
  2. 大人のご縁たび
  3. 明々庵特別コース

明々庵特別コース

城下町・松江の茶の湯文化に触れる 茶室『明々庵』特別ご案内コースのご紹介

2015年3月19日
明々庵 明々庵

 

 松江藩第7代藩主・松平不昧(治郷)は、松江の茶の湯文化を育んだ大名茶人であります。当時の華美な茶道を批判し、千利休の茶に帰ることを唱え、独自の茶の湯を確立していきました。
 また、散逸する多くの優れた茶道具や茶器の収集を積極的に行うと同時に、自らの美意識を反映した茶道具等を作らせ、茶室やお菓子などにも好みを求め、芸術文化の振興に尽くしました。
 不昧の好みが残る茶室のひとつが、現在、松江城にほど近い高台にある茶室「明々庵」です。
 ゆったりとした時の流れる明々庵では、随所に定石にとらわれない不昧の“好み”を感じ取ることができます。
 そしてこの度、茶処・松江を象徴する茶室「明々庵」で特別なひとときを過ごして頂けるよう特別なご案内コースをご用意致しました。

【特別ご案内コース】
✿おすすめポイント✿
①通常拝観では、聞くことのできない茶道の基本(作法等)の解説があります。
②特別ご案内コースでは、菓子老舗「三英堂」がつくる菓子処・松江で唯一その技と味を守り続けている銘菓『菜種の里』とともに、通常拝観にはない季節ごとの風情を湛える三英堂オリジナルの上生菓子をお茶とともにお楽しみ頂けます。また、こちらの上生菓子は、半月毎に変わりますので、その時々の季節の趣を感じて頂くこともできます。
③普段は入ることのできない茶室「松陽庵」を使い、「席入り」を体験して頂くことができます。
(※茶室使用時には、席入り体験の一部を変更させて頂くことがあります。)

 

 

◆催行日時:平成27年4月1日~9月30日の各日 10時、14時(1日2回)
※10月以降の予定は、下記申込み先までお問合せください。
◆所要時間:約70分
◆当日の流れ:
①茶道の基本等を分かり易く解説  ⇒ 
②松江独特の茶の湯文化の体験   ⇒ 
③明々庵と庭園をガイド付きで散策 ⇒ 
④「席入り」体験
(※茶室使用時には、席入り体験の一部を変更することがあります。)
 
◆料金:1,500円(税込)    
 ※拝観料、抹茶(菓子付き)、ガイド料を含みます。
 ※ご希望の方には、抹茶をご自分でも点てて頂けます(別途200円必要)。
◆定員:16名/各回(※1名様より参加可)
◆申込み先:
㈱山陰中央新報社 文化センター
 TEL.0852-32-3468(9時30分~18時30分、日・祝を除く)
 ※ご予約は、4日前までにお願いいたします。
 
*「明々庵」HPへはこちらから ⇒ http://www.meimeian.jp/
*「三英堂」HPへはこちらから ⇒ http://www.saneido.jp/