神話の国 縁結び観光協会

上の宮

十月、「神在」のくに。

陰暦の十月は「神無月(かんなづき)」。
この月になると全国の神様が出雲に集結して、留守になるからだ。一方、ここ出雲路では、「神在月(かみありつき)」となる。

集まった全国各地の八百万神(やおよろずのかみ)は、出雲大社に宿泊。
大社からほど近い住宅地の一角にひっそりと建てられた、ここ上の宮に集まって縁結びについての会議を開いているそうだ。
「わたしの国に、勇敢な青年がいるんだが。」「それならわたしの国の、気立てのいいこの娘がぴったりだ。」なんて、話し合っているのかな。
お願いごとが会議の議題にのぼるのを思い浮かべると、ちょっとドキドキする。

神様、わたしにはどんなご縁があるでしょう?