神話の国 縁結び観光協会

八重垣神社

神様たちも結ばれた地。

稲田姫命(いなたひめのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)に狙われていると知った素盞嗚尊(すさのおのみこと)は、大蛇に酒を飲ませ、退治した。

そのとき、「八雲立つ 出雲八重垣 妻込みに 八重垣造る その八重垣を」と句を詠み、稲田姫命をかくまったのが、この地。
ふたりは結婚して夫婦でここに暮らしたという。
稲田姫は、境内の奥にある「鏡の池」に自分の姿を映していたそうだ。
巫女さんに和紙をもらい、硬貨を乗せてそっと池に浮かべる。
待ち人はどこにいて、いつ現れるか。
紙が沈むまでに動いた距離と時間で、出会いを占うのだ。
息をのんで見つめる人々の恋のゆくえは…。

緑色の鏡の池は、何人もの姿を映しつづける。