神話の国 縁結び観光協会

縁結びの鐘(宍道湖観光遊覧船)

イメージ写真

古来から、神を呼ぶ祭器として用いられてきたという「銅鐸」。宍道湖を航海する「はくちょう号」にある小さな銅鐸は、斐川町「荒神谷(こうじんだに)」から358本もの銅剣とともに出土し話題となった6個の銅鐸をモチーフに作られたミニチュア版。神様に一番近い国・出雲路の湖上でこの鐘を奏でれば、神々が授けてくださる幸を身近に感じられる。

http://www.hakuchougo.jp/