神話の国 縁結び観光協会

美保神社

イメージ写真

島根半島の東端、古代より天然の良港として栄えて来た港町を見守るように、いまもどっしりと構えている。祀られているのは事代主神(ことしろぬしのかみ)。漁業に海運、商売繁盛を治められる、「海の幸の神」だ。鳴り物(楽器)がお好きで、境内でコンサートが開かれることも。ともに祀られている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の御后神・三穂津姫命(みほつひめのみこと)は、対して「山の幸の神」。事代主神が、出雲大社のご祭神・大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)のご子息であるためか、美保神社は古くから、大社とともに参拝する「両参り」が縁起がよいとされている。

http://mihojinja.or.jp/