出雲路そば巡りガイド

神々のふるさと、そして縁結びの地 出雲路。
この地で生まれた「出雲そば」を食すれば、細くて長いご縁が、きっとあなたにも。

縁結びの地「出雲路」で味わう本場の出雲そば

今では日本三大そばのひとつに数えられるほどの「出雲そば」。 出雲そばは、石臼で製粉する時に外皮まで挽くので色が黒く、香り高いのが特徴です。 そば本来の味わいを、旅の思い出に…。

出雲そばの特徴

そばのイメージ一般的に出雲そばの特徴は、黒っぽい色調と、香りの高さ、コシの強さにあります。それは、玄そば(黒い外皮のついたそば)を丸ごと挽いたそば粉を用いるからです。元来そば粉は、製粉する際に、最初に真っ白い粉の一番粉、その後に外皮に近く色も次第に濃くなる二番粉、三番粉がとれます。そばの旨味や香りは実の外側の部分に多く、中心部のデンプン質がほとんどを占める一番粉には多くありません。出雲そばは玄そばを丸ごと挽き込みますので、そばの香りや旨みが生きているのです。出雲地方では、「割子」と呼ばれる朱塗りの丸い深皿の器に塗り、3枚重ねを1人前とします。これにそばだしをかけて、大根おろし、ねぎ、のり、鰹節などの薬味を添えていただきます。

割子そばの食べ方

割子そばのイメージ写真割子と呼ばれる朱塗りの器にそばを盛った、3枚重ねが1人前です。そばだしをかけ、大根おろし、ねぎ、のり、鰹節などの薬味を添えていただきます。

釜揚げ蕎麦の食べ方

窯揚げそばのイメージ写真 釜揚げそばは、茹でたそばを釜からそのまま器に盛り、とろみのあるそば湯を入れた温かいそばです。お好みで薬味をのせて、そばつゆを少しづつ味を確かめながらかけてお召し上がりください。そばの実を殻ごと挽いた出雲そば本来の香り高い風味を楽しめます。